放課後さいころ倶楽部 第七話まとめと登場ゲーム紹介

 

こんにちは、コウです。

最近、ボードゲームが流行りに流行っており、遂にボードゲームのアニメもスタートしましたね。

「放課後さいころ倶楽部」という番組です。現在、絶賛放送中のアニメです。

 

ボードゲーム好きな僕も早速この番組をチェック!!

 

■放課後さいころ倶楽部とは?(あらすじ)

みんなの好きなこと(カラオケとか)がことが苦手、人が大勢いるところが苦手な美姫ちゃんが京都から転向してきた綾と京都観光へ。

京都観光をした帰り道、クラスメイトの委員長こと「翠」が出歩いている所を発見。その翠の後を追ってみると「さいころ倶楽部」に到着。

「さいころ倶楽部」とは「アナログゲームの専門店」。そこでボードゲームのマラケシュ(Marrakech)で遊ぶことに。

参考:http://saikoro-club.com/chara/index.html

 

■第七話

美姫が喫茶店でお茶しているとマキちゃんに偶然会い、一緒に遊びに行くことに。大自然を満喫、水遊びも楽しみ、その後「もんじろう」で遊ぶことに。「もんじろう」のサイコロを並び替え、悪口大会になるものの、最終的には美姫は子供の頃に助けてくれたお礼を言うことができました。また、悪口大会から感謝の言葉を美姫がたくさん作った時のマキちゃんの反応が可愛いです。

 

 

夏休みも終わり、やってきました文化祭の季節。文化祭でボードゲームカフェを開くための企画書を生徒会に提出するも受理されず。生徒会副会長はこのボードゲームカフェ企画を承認しなかったが、生徒会長はその企画に興味を持ち、「さいころ倶楽部」にやってきました。生徒会長と一緒にボードゲームで遊ぶこととなり、「祭りみたいにみんなで騒いで笑えるやつが良い。そんなゲームあるかい?」という希望が。これに対し、翠は「THE ISLAND」を提案。一緒にプレーすることに。

 

引用:http://saikoro-club.com/story/story7.html

 

「THE ISLAND」とは、沈みゆく島から自分の探検隊を脱出させるゲーム。脱出に成功したコマによって得点をゲット。まずは島タイルで島をつくり、プレーヤーコマを配置。手番でやっていくことは、コマの移動かコマが乗ったボートを3マス移動(但し海に落下してしまったコマは1マスしか進めず)。コマの移動が終わると陸地タイルを1枚取り除きます。取り除くタイルは平地⇒森林⇒山岳の順となり、陸地タイルの裏には赤と緑の2種類が記載されており、赤はアイテム(自分だけがコマの移動前に使えます)、緑はイベント。怪物ダイスを振る。と言った風にシンプルなゲームです。

■まとめ

放課後さいころ倶楽部いかがでしたか?

「THE ISLAND」では沈みゆく島をなんとか脱出しようというプレー描写がとても素敵でした。またアイテムを上手く使って脱出しようとしたり、アイテムを考慮し、妨害したり、このゲームの楽しさがすごく伝わってきました。会長とボードゲームを楽しみ、生徒会長の判断で文化祭でのボードゲームカフェの許可が出てすごくほっとしました。次回の第八話、文化祭でのボードゲームカフェにも注目しましょう。

 

ウミガメの島(Mahe)/メビウスゲームズ・franjos/Alex Randolph

ウミガメの島(Mahe)/メビウスゲームズ・franjos/Alex Randolph

2,380円(06/25 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています