街コロ(2人~4人) ルール説明

こんにちは、コウです。

 

初心者が気軽に遊べるゲームと言えば??

そう、「街コロ」ですよね。ボードゲームカフェに行ってみるとおすすめを受けるゲームでもあります。

ルールがとてもシンプルであること、30分程度の短時間で遊べること、そして何より楽しいこと。

1つのゲームに長時間も遊ぶには無理という人でも気軽に遊べるゲームとなります。

 

■事前準備

1.各プレーヤーに4枚のラウンドマークカード、初期施設(麦畑、パン屋)を配り、手元に並べます。(3名以下で遊ぶ場合は、初期カードとランドマークカードが余りますが、ゲームでは使いません)

2.サプライ用の施設を机の上に並べます。

3.全てのプレーヤーに3コインずつ配ります。余ったコインは全プレーヤーが獲得しやすいようにテーブルの中央に置きます。

 

■ゲームの勝利条件

・一番最初に4つのランドマークを完成させたプレーヤーが勝利

■ゲームの終了条件

・4つのランドマークを完成させたプレーヤーが出た時

 

■ゲームの進め方

1.親プレーヤーをじゃんけんで決めます。

2.親プレーヤーはサイコロを1個振ります。ダイス目が出た目により、自分が持っている施設カード効果によりコインをゲットします。カードは4種類あり、誰のターンでもコインを得ることができるカード(青色カード)、自分のターンだけコインを得ることができるカード(緑色カード)、ダイスを振ったプレーヤーからコインを得ることができるカード(赤色カード)、自分のターンだけ他のプレーヤーからコインを得ることができるカード(紫カード)です。コインを得る処理ですが、赤色カードを最初に処理し、次に青色カードもしくは緑色カードを処理、最後に紫色カードの処理を行ってください。支払いが先の処理となり、支払いが払いきれなかった場合は手持ちのコインが0になるまで支払いし、残りの払いきれないコインについては免除されます。

3.親プレーヤーは1件だけ、新たな施設カードを購入するか、ランドマークを建設するかを選択します。ランドマークを建設する場合は、そのカードを表に変えます。

4.時計回りに親プレーヤーを交代し、「■ゲームの進め方 1~4」を繰り返します。

 

■まとめ

街コロというゲームでは、4つのランドマークを建設できたプレーヤーが勝利となりますが、ランドマークをどんどん建てるのか、それとも施設カードをたくさん購入し、1ターンで稼ぐことができるコインを増やすのか、他のプレーヤーからコインを奪いつつ自分のランドマーク建設を進めていくのかといった戦略を考えながら楽しむことができるゲームとなります。僕が最初にプレーした時は、1ターンにたくさんコインをゲットしようとし過ぎるあまり他のプレーヤーがあっという間にランドマーク4つ建て、いつの間にかゲームが終わってました(笑)。サイコロを振ってコインをゲット、ランドマークを建てる、というシンプルなステップで楽しめるゲームとなりますので、一度やってみてはいかがでしょうか?このゲームが楽しかった人は街コロの要素を更に複雑化し、面白さ倍増の「カタンの開拓者」で遊ぶことをお勧めします。

 

街コロ (Machi Koro) ボードゲーム

街コロ (Machi Koro) ボードゲーム

2,960円(09/26 19:43時点)
Amazonの情報を掲載しています