おばけキャッチ(2人~8人) ルール説明

こんにちは、コウです。

 

反射神経を鍛えるゲームとは??

そう!「おばけキャッチ」です。写真をみて答えを瞬時に導き出し、場のコマを誰よりも早くつまむゲームです。早速ゲーム説明に入ります。

■事前準備

1.5個のコマをテーブル中央に並べます。

2.写真カードをよくシャッフルし、裏向きに置きます。

 

■ゲームの勝利条件

・ゲーム終了時に写真カードを一番集めることができたプレーヤーが勝利

 

■ゲームの終了条件

・写真カードの山札がなくなった時

 

■ゲームの進め方

1.親プレーヤーをじゃんけんで決めます。

2.親プレーヤーは写真カードを1枚オープンします。

3.全プレーヤーは写真カードに対応するコマをつかみます。一番早くコマをつかむことができたプレーヤーが写真カードを獲得します。なお掴んだコマが正しくなかった場合は、正しいコマをつかんだプレーヤーに自分の写真カードを1枚渡します。(お手付き者には、ペナルティーを与えましょう)

写真カードを見て、コマをつかむためのルールは下記2つのいずれかとなります。

(1)正しい色で写真が写っているものがある場合は、そのコマをつかみます。

例)下記写真では、写真の茶色のネズミとコマが一致しているため、「ネズミ」コマを一早くつかんだプレーヤーが写真カードをゲットできます。

(2)正しい色で写真が写っているものがない場合は、色も種類も写っていないコマをつかみます。

例)下記写真の例では

写真:ネズミが赤色 コマ:ネズミが茶色 ⇒一致せず

写真:ビンが白色 コマ:ビンが緑色 ⇒一致せず

この時点でネズミ、ビンがまず除外されます。写真で「白色」「赤色」が使われいてるため、「おばけ(白)」「椅子(赤)」を除外します。よって、写真に色も種類も写っていないコマは青色の「本」となります。

 

 

3.時計回りに親プレーヤーを交代し、山札がなくなるまで、「■ゲームの進め方 1~3」を繰り返します。

 

■まとめ

おばけキャッチというゲームでは、反射神経および判断力を競うゲームとなります。一致するものであればすぐにつかめると思いますが、一致しない場合にいかに早くつかむことができるかが試されます。白熱すると手がぶつかったりすることもあるため、ケガをしないように仲良く遊んでもらえればと思います。

 

メビウスゲームズ おばけキャッチ 日本語版

メビウスゲームズ おばけキャッチ 日本語版

1,700円(09/27 02:18時点)
Amazonの情報を掲載しています