ヒューゴ(2人~8人) ルール説明

こんにちは、コウです。

 

新型コロナウイルスの影響?でトイレットペーパーやティッシュがいつの間にか店から消えています。紙を使って作られるボードゲームにも影響がでなければ良いのですが。。。

さて今回は低年齢でも遊ぶことができるゲームである「ヒューゴ」のルール説明をします。

 

■事前準備

1.ゲームボードをテーブル中央に広げます。

 

2.各プレーヤーは、自分のゲストコマの色を決めて持ちます。プレイする人数により使用できる色と各プレーヤーが持つコマの数が違いします。

・2人プレイの時:赤、青で、コマを6つずつ

・3人プレイの時:赤、青、青緑で、コマを5つずつ

・4人プレイの時:赤、青、青緑、黄で、コマを4つずつ

・5人プレイの時:赤、青、青緑、黄、黒で、コマを3つずつ

・6人~8人プレイの時:全部の色から、コマを2つずつ

 

3.ヒューゴは、地下牢の前の「-10」のマスに置きます

 

■ゲームの勝利条件

・3回目の得点計算のあと、恐怖ポイントが最も少ないプレーヤーの勝利

 

■ゲームの終了条件

・3回の恐怖ラウンドが終了した時

 

■ゲームの進め方

1.最も若いプレーヤーから始めます。まず、自分のコマ1つを任意の空いている回廊のマスに置きます。以下時計回りの順に各プレーヤーが自分のコマを1つずつ空いているマスに置きます。これを全てのコマが置かれるまで続けます。

注意)ゲームはじめには、1つのマスには1つのコマしか入れません

 

2.最も若いプレーヤーがサイコロを振ります。サイコロの出た目分、自分のコマを1つ選び、出た目の数分進めることができます。進めるコマは回廊上に残しつつ進める、部屋に入る、のいずれかを決めます。部屋に入るためには下記条件があるため、注意が必要です。

①部屋に入ることができるのは、ヒューゴが地下牢から脱出し、回廊に出た後です

②マイナス点の部屋には、サイコロの目が余っていても入ることができます。

③プラス点の部屋には、サイコロの目ぴったりで入室できる場合のみ、入ることができます。

その後、左隣のプレーヤーが、サイコロを振り、同様に進めます。但し、サイコロを振り、ヒューゴの目が出た場合は、階段を回廊の方に上ってきます。進むコマは常に3マス分となります。(上の回廊に到達したら、ボード上の矢印の方向へと進んでいきます。)

注意)7~8人プレーの場合のみ、ヒューゴの目が出た時、ヒューゴは常に2マス分進みます。

3.回廊コマのゲストコマが全てなくなり、ヒューゴだけになった場合、もしくは、11個の部屋がすべて埋まってしまった場合に1ラウンド終了となります。但し、11個の部屋がすべて埋まった時点で回廊にゲストコマがある場合、そのゲストコマは地下牢の入口「-2」のマスに置きます。

4.自分のコマの恐怖ポイントの合計値を計算し、メモした後、同様に2ラウンド、3ラウンドとゲームを繰り返し行います。「ダンスボール」「食堂」に止まることができたコマだけがプラス得点となり、それ以外のコマはマイナス得点となります。

注意)2ラウンド目、3ラウンド目を行う際、部屋の中にいるコマは、全て部屋の扉の前のマスに置かれます。地下牢のマスにいるコマについては、任意の場所に配置します。マイナスが大きいコマから順に任意の場所に配置するようにします。同じマイナス値にコマがある場合は、恐怖ポイントが高いプレーヤーが先に任意の場所へ配置可能です。なお、2ラウンド目、3ラウンド目のスタートプレーヤーは恐怖ポイントが一番高いプレーヤーから始めます。

〇ダンスホールの部屋

〇食堂の部屋

 

■ヒューゴの役割

1.ヒューゴの出目が出た場合のみ進むことが可能です。

2.ヒューゴは地下牢を抜けると、回廊をひたすら進行方向に進みます。(部屋に入ることはできません)

3.ヒューゴがゲストコマのいる場所に到達もしくは、ゲストコマを通過した時、そのゲストコマを地下牢に捕まえます。捕まったゲストコマは、-10の所に置き、次に捕まったコマは、-9、次に捕まったら、-8、・・・と置きます。同タイミングに捕まったコマは同じマイナス点に置きます。-2のマスに捕まったコマが置かれた後で捕まったコマは、全て -2のマスに置きます。

■まとめ

ヒューゴというゲームでは、自分のゲストコマをいかにおばけに捕まらずに逃がすことができるか、がポイントとなります。コロナの影響で家にいることが多いと思います。ファミリーで鬼ごっこを家にいながら楽しむことができます。ステイホームにぴったりな家族で楽しめるゲームと思います。

ヒューゴオバケと鬼ごっこ (Hugo) ボードゲーム

ヒューゴオバケと鬼ごっこ (Hugo) ボードゲーム

3,000円(06/13 04:10時点)
Amazonの情報を掲載しています